地域医療連携 地域医療連携

地域医療連携

地域医療連携とは(川野病院にける地域医療連携への取り組み)
 
地域医療連携とは
地域にある医療機関や施設がそれぞれの機能を活かし患者さんが必要とする治療やリハビリ、療養、介護を受けられるよう連携する医療体制のことを言います。連携の種類には、かかりつけ医と病院との連携(病診連携)、急性期病院とリハビリ病院・療養型病院との連携(病病連携)、病院と介護施設などの連携等があります。
近年、医療技術の進歩による医療機関の機能分化や生活習慣病の増加などによる疾病構造の変化など医療を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした背景から国は、かつての病院完結型の医療体制ではなく、地域全体で医療の質の向上と効率化を図り、地域の医療資源(介護などを含む)を有効活用するよう方針を出しています。その方針を推進するために必要とされるのが「地域医療連携」です。
地域医療連携を行うことにより患者様が住み慣れた地域の中で、傷病の状態に応じた適切な医療や介護が切れ目なく受けられるような体制(いわゆる「地域完結型医療体制」)の構築を目指しています。
 
医療機関ではその専門性を発揮し役割分担・機能分担することによって、質の高い、充実した医療を提供することがそれぞれの医療機関の責務であると考えています。当院では急性期型泌尿器単科専門病院として地域医療に貢献することを最大の目標としています。
 
高度先進医療においては熊本大学泌尿器科、国立病院機構熊本医療センター、熊本中央病院、済生会熊本病院などと密接な連携を保ち、必要に応じて積極的に患者さんの紹介を行っています。熊本大学病院受診については、事前にファックスシステムを用いて受付時間の予約が可能です。
また、熊本市医師会地域医療センタ―を始めとするする4医療施設(熊本市医師会地域医療センター、熊本大学付属病院、国立病院機構熊本医療センター、熊本中央病院)において開放型医師登録を行っており、必要に応じて泌尿器科専門医師として出動協力すると共に、当院患者さんの緊急時においては、連携病院に直ちに搬送でき、安心して治療を受けられる環境を整えております。
その他、熊本大学医学部附属病院、熊本中央病院、国立病院機構熊本医療センター、済生会熊本病院よりがん治療連携指導施設として、また熊本大学医学部附属病院、熊本中央病院、国立病院機構熊本医療センター、済生会熊本病院、熊本赤十字病院および熊本市医師会熊本地域医療センターより救急搬送患者地域連携受け入れ医療機関として承認を受けるなど、様々な領域に於いて基幹病院との連携を構築しております。
 
泌尿器科診断における画像検査の有用性は益々高くなっております。当院では熊本中央病院放射線科と“くまちゅうネット”と称する画像ネットワークを構築しており、本システムへの参加同意を頂けましたら、セキュリティーがしっかりと担保されたシステムを用いていつでも検査予約が出来、検査結果の閲覧が可能となります。
 
また、当院はくまもとメディカルネットワーク参加施設となっておりますので、このネットワークにご参加いただけますと参加者(患者さん)の受診時の状況や治療歴、検査データ、画像データなどを利用施設で共有できるようになり、より質の高い医療や介護を受けることが出来るようになりました(詳しくは、くまもとメディカルネットワークホームページにてご確認ください)。平成30年12月25日には当院に於きましてもメディカルネットワークの端末設置が完了し、いつでもご利用いただける状況となりました。本システムへの参加を希望される方やお問い合わせ等ございましたら当院スタッフへ遠慮なくお尋ねください。
 
 
医療機関の皆様へ
 
当院では泌尿器科の専門性を活かし、近隣施設より排尿障害を有する患者さんの治療目的のための受け入れや術前における尿道カテーテル留置トラブルなどにも往診にて対応しております。
また、地域医療連携室を設けておりますので、患者さんのご紹介やご不明な点等ご質問などがございましたら、下記連絡先までご連絡いただきますようお願いいたします。
 
川野病院地域連携室 
電話番号:096-366-3275、Fax番号:096-371-2981、Mail address:kawanohp@hyper.ocn.ne.jp 
地域医療連携室長 那須宛
受付時間:平日9:00-17:00(Faxおよびメールにつきましてはこの限りではありません)
​​​
ページ最上部へ